The place where Life exists

いのちのあるところ
私は全ての命にはかすかな光が存在していると考えています。
そしてそれがどれだけ静かで小さな光であっても、
生きる意思を持ち、大きな負の力に拮抗し、更には打ち勝とうと
光を強める瞬間がどこかであるのだと思います。
私は、その時が来るのを息を潜めて、
または耐えて待っているかもしれない命がついにそのきらめきを
強める機会を得る、命の意志に大変興味があります。

すでにそこに命があるということは、ただそれだけですでに多くの
負の力に命が打ち勝っているという証でもあります。
命の力が内に込められて凝縮していく姿や、様々なものを
くぐり抜けて外に向かって光を放つ姿、それぞれの命の輝きと、
その先にみえてくる希望と安らぎがその勇敢な命に訪れることを切に願い
私は描くことを通じて共感を持って見つめ続けていきたいと思っています。

The place where Life exists
I think all aspects of Life have a faint light within itself. How small and faint the light is, it has the
will to live. There is a moment when it competes with strong negative powers, however this light
strengthens its will to live and overcome the negative powers. Life has already existed there.
I am very interested in the will of Life, where life seems to be dim, waiting for time to pass, barely
breathing, when it can receive the chance to strengthen its spark.
I continue to express this process through my art, focusing on the feature which the power of Life is
being condensed into or exploding itself outward coping with many difficulties.
Hoping for the light in life to come forward, to survive the challenges.